結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

新郎側と新婦側の参加者がバラバラになるような座席を考える

スポンサーリンク

結婚式の二次会においてはその座席がひとつ重要なポイントになることは間違いないでしょう。

 

特に幹事が気を遣わなければならないのが、新郎側の招待客と新婦側の招待客の座る場所のバランスです。


出来れば極端に両者を分けてしまうような座席は作らないでください。

 

披露宴の時はある程度同じ側の、そして同じジャンルの関係者がかたまりテーブルを囲むことになると思いますが、二次会はもっとくだけた雰囲気にした方が盛り上がりやすいので、何も考えずにごちゃ混ぜにしてしまう必要はありませんが、それでも出来るだけバラバラになるような座席を幹事は考えるようにしましょう。

スポンサーリンク

二次会はひとつの交流の場でもあります。

 

新郎側と新婦側の参加者が交流を図ることで二次会に一体感が出て、どんどん盛り上がるという効果が期待出来るので、幹事はこのことも考えて座席を割り当てる必要が出てくるのです。

 

もちろん完全にバラバラに座らせてしまっても構いません。

 

同じテーブルに新郎側と新婦側が数人ずついることになれば、誰かが孤立してしまうということはほとんどないでしょうから、ノリが良い参加者が多い場合は最初から混ぜてしまってもいいでしょう。


二次会の途中に座席を変えるのもOKです。

 

最初は新郎側と新婦側で分かれて座り、会場内が温まったところで何かをキッカケにして座席を変えるのもひとつの方法です。

 

幹事の裁量一つで二次会の雰囲気を変えてしまうので、このあたりも考えながら座席を決めてみるといいのではないでしょうか。

 

参加者を気にすることは必要ですが、幹事はあまり臆病にならないようにもしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加