結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

時間が押すことも考慮し、余裕を作っておく

スポンサーリンク

二次会は、時間との戦いにもなります。

 

ちょっとしたトラブルが起こった場合にはそれが原因でプランにあった企画をひとつ削らなくてはならないという事態になったり、お店側に迷惑をかけてしまったりということにもなりかねません。

 

そうなれば幹事としては非常に残念なことであり、参加者にとっても何だか消化不良のような状態で二次会を終えることになってしまうでしょう。

 

この状態は決して二次会の成功を意味しないので、幹事は後悔することになってしまいます。


こういった事態を避ける為にも、幹事は企画の際に時間に余裕を持たせておくようにしてください。

 

時間ギリギリのプランを練っておくと当日に必ず困ることになります。

 

大抵は時間が押し、予定通りに進まなくなるので、必ず時間に余裕を持たせたプランが必要になってくるのです。

 

それが二次会を成功に導くひとつのコツになるでしょう。

スポンサーリンク

二次会には歓談の時間を必ず設けてください。

 

歓談の時間はみんなで食事やお酒を楽しみつつ話をする時間です。

 

この時間で参加者は新郎新婦と話をしたりするわけですが、この時間はただ交流を図ったり話をしたり飲食したりする為にあるわけではないのです。


時間を調整する役目を担っているのもこの歓談タイムです。

 

時間が押していればこの歓談の時間を少し短めにすることで帳尻を合わせることが出来るわけです。

 

この歓談タイムを中心に、各企画余裕を持った時間設定をしておくことで二次会を幹事の思い通りに進めることができます。

 

時間がなければアタフタし収集がつかなくなってしまうので、幹事は時間の余りも企画のひとつとして用意しておくといいかも知れません。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加