結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

内輪ネタばかりで盛り上げないよう気を付ける

スポンサーリンク

二次会の幹事が内輪ネタを意識してしまったら、その二次会は非常につまらないものになってしまうでしょう。

 

本当に知っている顔しか集まらないのであれば内輪ネタ満載の会にしてしまって構いません。

 

しかし、幅広いところから人が訪れるような二次会であった場合、内輪ネタはその場を盛り上げるどころか一部の参加者以外は冷め切ってしまうので、幹事は気を遣うようにしましょう。


幹事と同様に、司会者も気を付けなければなりません。

 

司会者は常に喋っている立場です。

 

その司会者が喋る度に内輪ネタばかりを発していれば、知っている人はそれで良いでしょうが、知らない人にとってはつまらないとさえ感じてしまいます。

スポンサーリンク

余興で参加者に出し物をしてもらう時も同じです。

 

多少は必要かも知れませんが、明らかに身内しか楽しめないような内容では、二次会全体を見てみた時に決して有効であるとは言い難いのです。

 

幹事は企画の段階で内輪ネタに発展しそうな企画には注意し、出来ればそういった流れにならないように企画を変えるなり練り直すなりする必要があるでしょう。

 

イメージすれば、そういった企画かどうかはわかるはずです。

 

そこまで意識して企画を作り上げることが幹事には求められるので、誰が参加してもそれなりに楽しめるように考え尽くしておくようにしてください。


内輪ネタを喋る時には喋りの上手い人が、初めて聞いた人でも楽しめるような形で話題にするなり前フリをするなりが必要になってきます。

 

そういった能力のある人がいない場合は、内輪ネタは避けた方が無難です。

 

幹事のエゴで二次会にそういった企画を取り入れないように注意してください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加