結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

二次会用のサイトを作成してみよう

スポンサーリンク

最近では、結婚式の二次会用にわざわざ特設サイトを開設することもあるようです。

 

ウェブに詳しい人がいる場合は幹事に抜擢し二次会用のサイトを作ってもらってみてはどうでしょうか。

 

二次会用のサイトは、システムによっては非常に便利です。


会場がどこにあるのかをサイト上に載せておけば、参加者はいつでも確認することができますから、住所などを知らされているのみの場合よりも道に迷ったりすることが減るのではないでしょうか。

 

携帯電話ひとつあれば確認が出来てしまうので、参加者にとっても幹事にとっても重宝するはずです。

 

さらには出欠の確認もサイトを使うことで簡単に出来てしまいます。

スポンサーリンク

二次会の出席や欠席の確認はメールや招待状を使って行うことが多いでしょう。

 

形にこだわる幹事は招待状を使うことが多いのではないでしょうか。

 

もちろんそれも形に残りますから素敵なことなのですが、より手軽に行う為に、そしてお金を節約する為にサイトによって出席か欠席かの意思表示をしてもらうと幹事はスムーズに準備を行うことが出来てしまいます。


写真をアップしておけばお店の雰囲気もわかりますし、どのような服装で訪れればいいのかなどの注意事項も書き込んでおけば、参加者は常にそれを確認することが出来るのです。

 

インターネットを使用することが出来ない環境にいる人にとっては少し不便かも知れませんが、今はそういった人の方が少ないので、特に若い人が集まるような二次会の場合は幹事がこういったサイトを作っておくことも考えてみましょう。

 

参加者にとっても幹事にとってもメリットの方が明らかに多いので、検討してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加