結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

人数に合わせたプランを練る

スポンサーリンク

結婚式の二次会の幹事を任された人は、会のプランを練らなければなりません。

 

頭に色々な案が思い浮かんでいる幹事さんもいるでしょう。

 

しかし、それがどんなに良い企画であったとしても、それをそのまま二次会の企画として実行出来るわけではないのです。


二次会というのは参加してくれる人数によってプランを練らなければなりません。

 

少数の参加者しかいないのに大人数で行うような企画を練っても場が白けてしまいますし、逆の場合にも同じことが言えるでしょう。

 

幹事というのは、色々な可能性を考えてプランを練り、特に人数に合わせた企画を出すことが二次会への成功へと繋がると言えます。

 

二次会の参加者というのは当初の計画から減ることが考えられます。

 

披露宴には参加したけれどもその後の会には忙しかったりなどの理由で参加出来ない人もいるでしょう。

スポンサーリンク

二次会からの参加者を募ろうと思って招待状を送っても、都合がつかないという人も当然出てくるはずです。

 

そういった人たちがもし多くなってしまった場合は、プランを練り直さなければならない場合も出てきます。

 

逆に、ぜひとも積極的にプランを練り直すようにしてください。

 

頭の中にある二次会プランを崩してしまうのはとても面倒なことに感じるかも知れませんが、当初の予想と人数が大幅に変わってしまったにも関わらず同じようなプランで行ってしまうのは少し不安が残ります。


どんなに良い企画でも、それは人数に合った企画だからこそ良い企画なわけで、人数が変われば行われることが変わって当然だと幹事の人は心得ておいてください。

 

あらかじめ人数毎に少々異なるプランを用意しておけば、急に人数が集まらなくなっても対応出来るのではないでしょうか。

 

幹事の人はここまで気にしながらプランを練るようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加