結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

人数をしっかりと集める

スポンサーリンク

時と場合によりますが、【会】の類いは人が多ければ多いほど盛り上がるはずです。

 

特におめでたい席では人数を多く集めることで予想もしないような盛り上がり方をすることもあるでしょう。

 

結婚式の二次会にも同じことが言えます。

 

幹事になったら二次会の参加者の人数をしっかりと集める努力をしましょう。


新郎新婦から二次会への招待客について色々と言われるとは思います。

 

しかし、幹事はただその人たちに声をかければいいというわけでもありません。

 

二次会の企画をしっかりとしたものにしなければ、そして参加しやすいように企画を練らなければ招待客を集めることは出来ないでしょう。

スポンサーリンク

もちろん、どんな企画であれ新郎新婦を祝いたいという気持ちがある人であれば参加してくれるかも知れませんが、例えば会を行う場所が交通の便が悪いところに存在していれば積極的に行こうという気持ちになるのは難しいのではないでしょうか。

 

お店の雰囲気なども重視しなければなりませんが、そこばかりに目を向けていると、参加者のことを考えない二次会プランになってしまう可能性があるので、幹事の人は十分に気を付けて企画を行うようにしましょう。


二次会の参加費にも人数を集める為の工夫があるはずです。

 

幹事の人だけの都合で決定してしまうのは少し危険です。

 

参加者には色々な人がいるわけですから、幹事はそういったことも考慮し、参加しやすい会費を設定するようにしなければ人数をそれなりの数集めることは出来ないかもしれないので、二次会の幹事を任された人は広い視野を持ちながらこういったことを決定していってください。

 

人が集まらなければ二次会は成功しないので、色々な面でハードルを低く設定するように気を遣いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加