結婚式の二次会で幹事を任させた際の予算について

スポンサーリンク

結婚式・披露宴の後、二次会をされるケースが多く、結婚式と披露宴に関しては新郎新婦が主体となって式場の方と打ち合わせをしていく事になるのですが、二次会は基本的に幹事として任されたご友人の方が主体となって動く必要があります。
二次会は、結婚式や披露宴での緊張から解放された新郎新婦が心から仲間と楽しく過ごす場所であり、引き続き参列したご友人達も緊張感から解放された中で過ごす時間なので、幹事としては責任重大な役割を果たす必要があります。


新郎新婦とある程度のお店決めを打ち合わせしたら、後は幹事が主体となって手配する事となりますが、まずは予算を考える必要があります。
二次会から参加の方は良いのですが、結婚式から参列された方にとっては、懐事情を考えるとできるだけリーズナブルに参加したいものです。
低価格で貸切ができる、または個室スペースを設けられた場所を選び、皆が楽しめるような場所・予算を考えて決定していかれる事が重要です。
予算の目安としては5000円以内に収まるようにされると無難です。

スポンサーリンク

招待状に関しては、様々なケースがありますので、新郎新婦が用意して下さる場合がほとんどです。
式の参列者からの参加状況は早めに分かりますので、新郎新婦と連絡を取り合いながら、大体の人数把握をされたらお店を予約します。
社会人になると、どうしてもお仕事の関係で当日キャンセルが出る場合もありますので、一応の目安をお店に伝えると良いです。


人数の変化に対応して頂きやすいのはビュッフェ形式の物が一番お店にとっても臨機応変に用意が可能である事と、参列者も食べやすいので、お勧めです。
後は当日の挨拶をできるだけシンプルなものを考え、受付としてご友人に数名お願いされておき、当日は滞りなく二次会を進められるとご自身も楽しめますし、新郎新婦や集まった方達も楽しく過ごす事ができるので早め早めに段取りをしていく事をお勧めします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加