結婚式の二次会をするために必要な幹事との打ち合わせ

スポンサーリンク

結婚式の二次会は、披露宴に出席した友人の他に、人数の関係で残念ながら出席できなかった友人を招いて行うものです。
主催者は新郎・新婦ですが、ふたりとも結婚式、及び披露宴の主役であり、多忙を極めています。
したがって、二次会の幹事は友人の中から選び、お願いすることになります。
幹事の役割は非常に多いので、親しい友人に依頼することが大事です。


どのような趣向の二次会にするのかを、早めに幹事と打ち合わせることが重要なポイントとなります。
それによって、会費や準備するものの種類が違ってきますし、またそのために作成する物もあります。
例えば、趣向を凝らしたビデオムービーやの作成やゲームの景品などです。
また、少なくとも結婚式の2ヶ月くらい前までには、会場を押さえておくことが必要です。

スポンサーリンク

新郎・新婦の意向を取り入れた二次会の計画が決まったら、予算を組んで会費を設決めることが必要です。
新郎・新婦からは会費を徴収しないように会費を設定することが大事なポイントです。
招待客への連絡は、はがきや電話、または携帯メールなど様々な方法があります。
出席者の人数を早く把握する必要があるので、協力してもらうことが大切です。


出席者が決定したら、二次会開催に当たり協力してもらえそうな人を選び声をかけておきます。
当日になると、幹事は忙しいので是非とも協力者は必要です。
受付やビデオ撮影担当は必要不可欠です。
また出席者による余興についても、あらかじめ打ち合わせておく必要があります。
協力者はいても司会は幹事の役割ですので、簡単な台本を作っておくことが大事です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加