結婚式二次会の幹事の司会について

スポンサーリンク

【司会をするにあたり気をつけたい点】
司会は第一声がすべて。
小さな声やモゴモゴとした口先の声ではなく、凛とした声で2次会場に響き渡らせましょう。
上手下手より気持ちが大事。
第一にお祝いの気持ちを表し、とかく一生懸命になれば回りも応援してくれます。
リアクション・テンションは高めで。
まず司会者はリアクションテンションは誰よりも高くなるように意識しましょう。


次に
【幹事の仕事について】
1.企画を立てる。
結婚式二次会の幹事をするときにまず新郎・新婦に参加者のイメージを確認することと、参加者のリスト・パーティーの要望を伺うようにしましょう。
2.スタッフを決める。
一緒に内容を考え手伝ってくれるスタッフを考える。
もちろん、幹事を増やすことについて新郎新婦に許可を得てからにしましょう。
3.場所の検討結婚式の日が決まったら、2次会会場探し。
4.進行表の作成進行表を作成する。
当日スムーズにするため、時間配分等を充分に考慮しましょう。

スポンサーリンク

【会を盛り上げるためのもの】
1.クラッカー音の演出はかなりの効果があります。
2.コスプレ衣装
シックな雰囲気を一気に打破するためです。
カツラを被ってまじめにしゃべるだけで笑いをとれるでしょう。
今人気のアニオタ系の衣装とか。
3.キャンドル
ムードのあるものから動きのあるものまで、二次会を盛り上げるために。
4.バルーン
華やかさがアップします。


最後に
【おすすめの余興】
1.オリジナルムービー
製作時間はかなりかかりますが、オリジナルムービーをプロジェクターで流せば迫力満点です。
効果は非常に大きいものといえます。
2.生演奏
新郎・新婦のどちらかに内緒でやってもらうケースと友人からのサプライズなど効果は抜群です。
秘密特訓で演奏をする場合、上手でなくても気持ちが伝わります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加