結婚式の二次会の幹事の主な仕事内容

スポンサーリンク

結婚式の後には最近は、二次会というのが定番です。
式や披露宴は親や親族も参加していますが、二次会は、基本的には友人のみで行われます。
そして、その準備を主に行う役目が幹事です。
新郎新婦は披露宴の方で忙しいので、二次会は幹事が当日までの準備や、当日の進行を行っていくのです。
それでは、主な役割について紹介します。


まずは、人数の把握です。
誰を誘うか、招待するのは基本的には新郎新婦にお願いします。
それ以外の仕事は全て幹事の役目となります。
まずは、会場決めです。
大体の人数を把握したらその人数が入り、貸切ができるお店をなるべく早く予約しておく必要があります。
結婚式シーズンとなると、人気の会場は早く予約が埋まってしまうものです。

スポンサーリンク

それから、当日に必要なものを準備しておくのも幹事の仕事です。
例えば、ゲームをして景品を出すというような要望が新郎新婦からあった場合、景品を準備しておきます。
ビンゴゲームの備品などはお店によっては貸し出しをしているところもあるので、そういった面でも会場選びは重要なポイントになるのです。
ここまではどんな幹事でもやることですが、これ以上の事は腕の見せ所です。


受付の時にゲストの写真をその場で撮り、メッセージを書いてもらいそれを最後に新郎新婦にプレゼントしたり、内緒で新郎新婦の親に手紙を書いてもらったりと、当日の新郎新婦を喜ばせるようなことを考えてみるのもおすすめです。
そして、当日は司会という大役が待っています。
二次会は大体、お店の時間が限られていることが多いので、スムーズに、そして盛り上がるように仕切る必要があります。
そのためにも、事前の準備は万端にしておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加