結婚式の二次会の幹事の人数は何人くらいがいいのか

スポンサーリンク

結婚式の二次会は、披露宴と違って、友人を中心にアットホームで楽しいパーティーです。
披露宴に呼べなかった人を呼んで、少しくだけた余興などを披露して楽しみます。
参加費は男女に差を付けて行われることが多く、女性の参加費を軽くした分、男性の参加費が高くなります。
またゲームなどを行う場合は、その費用を上乗せします。


もし、その結婚式の二次会の幹事をあんたに依頼された場合、幹事は何人くらいがいいのでしょうか。
多すぎても意見の収集が難しくなり、少なくても段取りが悪くせっかくのパティーがしらけてしまいます。
ここでは最低限の人数は、4名くらいとなります。
内訳は、リーダーが1名(すべての取りまとめ役)とサポート役が3名(司会・幹事・音響・雑用など)を選びましょう。
雑用や荷物係などは会社や学生時代の後輩にお願いするといいです。

スポンサーリンク

次に行うことは、受付係を選び、結婚式の二次会の打ち合わせをすることです。
こお受付がスムーズにできなければ、パティー全体が台無しになってしまいます。
なぜなら、パーティーに参加する人は、受付の方に色々な質問をしてきます。
例えば「今日の参加人数は」、「新郎と新婦の出会いは」「ゲームの景品は」など新郎新婦のことや会全体のことなどの把握が必要だからです。
できれば新婦の友人に受付をお願いして男女混合で楽しく行いたいものですね。


最後に、バーティーのリーダーは、リーダー以外の幹事の方へ、役割分担を行いましょう。
リーダー以外の幹事はサポート役となっているので、役割を明確に伝えないと決して自ら動いてくれないものです。
受け身になっていることが多いので、必ず役割分担を事前に決め、打ち合わせを1度はしましょう。
結婚式の二次会の前にリハーサルをやろうとしても、久しぶりに会った友人との再会で打ち合わせはほとんどできません。
事前準備と当時のスムーズさで最高の思い出を演出しましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加