【体験談】結婚式の二次会成功の鍵は幹事の顔合わせから

スポンサーリンク

女性の場合、結婚ラッシュは3回訪れると言われていますが只今、第1回目の真っ只中です。
月に一回結婚式(披露宴含む)か二次会のお誘いをいただきます。
披露宴は式場と綿密に打ち合わせをしプロのプランナーさんが付いてくださるので、さほどの差は正直感じたことがありませんが二次会は大抵が素人が仕切るので本当に明暗がはっきり出てしまします。
今日は2次会成功の秘訣を私なりに解説します。


【1.幹事決定】
2次会の規模にもよりますが、新郎側・新婦側から2名ずつ選出するのが良いです。
多すぎるとまとまらず、仕事の振り分けで揉めます。
できる限り経験者が望ましいですがいない場合は、リーダーシップが取れる人を1名は入れておきます。
幹事は意外とやることが多く、打ち合わせもしなくてはいけないため、仕事が忙しい人は避けるのがベストです。

スポンサーリンク

【2.顔合わせ】
新郎側・新婦側それぞれ幹事が決まれば、顔合わせをします。
この時、必ず新郎新婦も同席しましょう。
そして少しでも打ち解けられるように、共通点を探し話を盛り上げる等最大限の努力をしましょう。
幹事はチームワークが命ですので、顔合わせの時点で仲良くなってもらえたら、その時点で二時会は半分成功したようなものです。
お互いに気を遣い合ったり、興味を持てないような状態ではうまくいきません。


【3.スケジュール決定】
顔合わせ〜打ち合わせ顔合わせの時に、今後の大まかなスケジュールを組みます。
打ち合わせは出来るだけ回数を少なくする方が良いでしょう。
あまりに打ち合わせが多いと負担感が強いです。
そしてあくまでも「手伝ってもらっている」という意識を忘れず、困ったことがあればすぐに駆けつけるという姿勢が大切です。
2次会の成功はファーストコンタクト時点で明暗が別れます。
これから2次会の幹事をされる方、依頼する方の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加