結婚式の二次会の会計等の幹事の仕事について

スポンサーリンク

結婚式の二次会における会計の相場は男性6800円女性5800円というデータがあります。
男性より女性が少なめである理由は女性の方が身だしなみのドレスなどの衣装に元々お金がかかっているので、会費は男性より少なめであるということです。
また金額としても、若い人中心の場合などは、費用は抑えた方がいい場合があります。
出席者層を十分に考慮して予算を組む必要があります。


二次会の会場の設定ですが、結婚式の会場の近場であることが多いです。
レストラン、パブ、バーなどのお店を貸し切って行うので、貸し切った場合の費用や食べ物代などを予算として計算します。
また花などの装飾、パーティー看板などのそれ以外の費用もあります。
できるだけ仲間内で無料で借りれるものは借りて費用を抑える方法もあります。

スポンサーリンク

飲み食い中心の二次会にする場合もありますが、ゲームなどの余興を取り入れる場合もあります。
例えばビンゴゲームをする場合は、ビンゴの紙と、景品などを準備する必要があります。
ゲームをする場合はそれに関わる費用も計算する必要があります。
また会場によってはビデオ放映が可能な場合があり、二次会の一つとして、取り入れる場合はその費用も確認します。


結婚式の二次会の幹事は、会場の貸切費用と飲食代、花などの必要経費、ゲームや、ビデオ放映など費用を全て計算した上で、出席者で割り一人当たりの費用を計算します。
飲食中心のシンプルなものにするか、ゲームなど余興やオリジナルの演出をするかにより予算も変わってくるので、費用の大部分を占める会場の設定を慎重に行った上で、それ以外の費用を上乗せし、シュミレーションは念入りに行う必要があります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加