結婚式の二次会の幹事を頼まれた時の事前準備について

スポンサーリンク

結婚式の二次会の準備を会社の同僚や友人に依頼されると、喜んでやりますと即答して引き受けてしまう人が多いのではないでしょうか。
いつもお世話になっている同僚や友人の為に、二次会の幹事を任されたからには結婚式の二次会をスムーズに、そして思い出深いものにしてあげたいものです。
それには、どんな準備が必要なのでしょうか。


最初に二次会に来て頂くメンバーを大まかに把握しておきます。
その人数によって、使用する場所の大きさや予算も変わってくるので、これは最初にやっておくべきことです。
ただし、確実な人数は当日まで不明な場合が多いので、10人前後の余裕をみておくことも大事です。
新郎、新婦に確認して、おおよその人数を確定させましょう。

スポンサーリンク

次に会場の手配です。
会場も新郎、新婦に希望を確認し、イメージに合ったお店の候補を2店か3店あげましょう。
そして、お店が確定したらそのお店に連絡をとり、詳細の確認をします。
お料理の予算やドリンク代、飲み放題プランの有無など、細かく確認します。
そして、人数変更の対応がどのくらい融通が利くかを、よく確認しておきます。
当日まで人数が確定しないので、立食パーティ形式が無難です。


会場が決まったら、あとは進行です。
ゲームや挨拶などをあまり詰め込みすぎた会にすると、時間が足りなくなってしまい、慌ただしいものになってしまうので、余裕をもった内容にします。
ゲストと新郎、新婦とゆっくり話ができる時間を作りましょう。
新郎、新婦に希望を確認し、あくまで二人の希望するような二次会にしましょう。
幹事だけでは、当日の進行は厳しいので、司会や会費の徴収をして頂く方などをメンバーの中から選び、お願いして手分けして、しっかりやり抜きましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加