幹事が考える結婚式の二次会の費用

スポンサーリンク

結婚式の二次会の幹事を任せられた時に、幹事がやらなくてはいけない大切な項目がたくさんあります。
まずは、参加者の人数です。
これは、二次会を行う場所なども左右する重要な部分です。
またその際に男女の人数や関わりを知る為に、どのような繋がりなのか、まとめておくのも後に席順などにも役立ちます。


そして、人数が確定したら、店探しです。
その際に大切なのが、店の雰囲気やテーブルなどの配置です。
二次会では、結婚式以上に人数が増えるのがほとんどです。
知り合いが固まってしまうと、少人数で参加した人は居場所が無く、居心地が悪くなってしまうケースも少なくありません。
二次会に参加した人が皆で楽しめる為にも、まとまって座れるような店を探すのも重要です。

スポンサーリンク

そして、最も大切な部分が費用です。
結婚式から参加している人にとっても費用は重要です。
お店の造りや料理などが納得出来ても、参加費が高額であれば、参加者にとって負担になってしまいます。
負担を感じないくらいの料金を設定して、お店の方と話し合うのも大切です。
そして、決定した費用以上が発生しない事が重要です。


二次会が始まったら、まずは参加者の費用を集めるとスムーズに進みます。
その時の為に、事前に名簿のようなものを作り、名前と参加費用の預かりを間違いなくチェックします。
これは、トラブルなどを起こさない為にも必ず行わなくてはいけません。
そして、幹事側も支払いの際に二度手間を省く事が出来るのです。
幹事も参加する人にとっても気持ち良い時間を過ごす為に、手順を決めて行う事が幹事にとって、上手にこなす方法です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加