結婚式二次会幹事は誰がすべきなのか

スポンサーリンク

結婚式二次会の幹事は、新郎新婦にお願いされて引き受けるという人が多いと思います。
かつて、結婚式二次会は新郎の友人が自ら幹事になって行うことが主流だったことがあるようです。
ところが最近は自分から幹事を進んで買って出る人は少なくなり、新郎新婦にお願いされて幹事を引き受けるというパターンがほとんどです。


けれども、結婚式二次会の幹事は誰が行うかによって、二次会そのものの意義が変わってきます。
新郎新婦が主催になるときは、招かれるのは友人一同で、友人が主催になるときは新郎新婦が主役です。
頼まれて結婚式二次会幹事を引き受けた場合は、一見友人主催ですが実は新郎新婦が主催ということになります。

スポンサーリンク

ですから、心から結婚を祝福したい、お互いにとても近しい友人から結婚の報告を受けたら、自ら結婚式二次会の幹事に立候補してあげてください。
とても喜ばれると思いますよ。
結婚式二次会の幹事はとても大変な仕事です。
それを自ら引き受けて盛大な二次会にしたら、何よりの結婚祝いのプレゼントになることでしょう。


結婚式二次会幹事をお願いされた場合、新郎新婦には理想とする二次会のイメージがあると思うので、なるべくそれを忠実に再現してあげましょう。
自ら結婚式二次会幹事に立候補して、新郎新婦に喜んでお願いされた場合は、理想とするイメージを尊重しつつも、友人全員で新郎新婦を祝福するというスタンスを崩さず、盛大にお祝いをしてあげましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加