結婚式二次会の幹事を頼まれたら

スポンサーリンク

誰でも一度は友人の結婚式二次会の幹事をお願いされることがあります。
経験したことがある人は分かると思いますが、結婚式二次会の幹事はとても大変です。
けれども、結婚式二次会の幹事を頼まれるということは、新郎新婦にとても信頼されている人ということですから、よほどの理由がない限り断ったりせずに一肌脱いて、快く引き受けてあげてください。


披露宴の余興やスピーチ、結婚式二次会の幹事を頼まれた場合、快く引き受けることがまず何よりのご祝儀になります。
お互いに大親友、という場合は、お願いされる前に結婚式二次会の幹事を買って出たらとても喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

幹事を引き受けたら、まずは新郎新婦とコンタクトを取り、どのような結婚式二次会にしたいのか、趣旨をきちんと把握してください。
新郎新婦の意向を把握したら、あとは他の幹事仲間と準備を進めていくことになります。
幹事を依頼してきた新郎新婦にもいろいろな考えの人がいるので、会場の選定から会のムード、司会進行から予算まですべて幹事任せの人もいれば、会場などすべて決めており、具体的な指示をしてくれる人もいます。


そこは新郎新婦と長い付き合いのあなたのほうがよくわかっていることでしょう。
新郎新婦はとても忙しいので、あまり直接会って打ち合わせをする時間はないと思うので、会えた時にしっかりと打ち合わせをしましょう。
新郎新婦の方に具体的なイメージがある場合、何らかのサプライズを加えて、驚かせましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加