とても大切な結婚式二次会幹事の役割

スポンサーリンク

新郎新婦から結婚式二次会の幹事を頼まれたら、快く引き受けましょう。
結婚式二次会の幹事を頼まれるということは、新郎新婦にとって頼りになる大切な友人ということです。
何よりも快く引き受けることが一番の結婚プレゼントになります。


親友だということで、新郎新婦の好みも大体は把握しているでしょうが、結婚式二次会の幹事を頼まれたら、入念な打ち合わせをしてどのような二次会にしたいのか、細かいところまで確認しておきましょう。
結婚式二次会幹事にはたくさんの仕事があります。
まずは二次会の趣向を確認しましょう。

スポンサーリンク

新郎新婦には理想の結婚式二次会のイメージがあると思うので、できるだけ理想に近づけるように配慮してあげましょう。
イメージが確定したら、そのイメージに合わせた会場選びと会場の予約、フードとドリンクのメニューの確定、二次会プログラムの作成、参加者の決定、招待状や招待メールの発信、ゲームの景品購入という仕事があります。
結婚式の案内があって幹事を頼まれるのはたいてい挙式の2,3か月前なので、その間にこれらをすべて片付けなくてはいけません。


一人ではとても大変なので、他の幹事仲間と協力して進めていきましょう。
そして当日も、会費の徴収や司会進行など、本当に決めなくてはいけないこと、やらなくてはいけないことがたくさんあって大変だと思いますが、けれども大切な親友の一生の思い出の日を一緒に作り上げてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加