結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

参加者の年齢層を考慮してプランを練る

スポンサーリンク

世の中には色々な年齢層の人が存在しています。

 

当たり前のことなのですが、結婚式の二次会をする時にはあらゆる年齢層の人が参加する場合もあれば、ある一定の層の人しか参加しないという場合もあるでしょう。

 

二次会の幹事を任された人はこの参加者の年齢も考慮した上でプランを練ることが求められるのです。


年齢層がどこかに固まっていれば幹事も必然的にその年齢層に収まるでしょうから、特に気にする必要はないのかも知れません。

 

しかし、参加者の年齢層に幅が出来る場合は、極端に若い人に合わせても、逆に高い年齢の人に合わせても上手くいかないかも知れません。

 

どちらにも合うような、どんな年齢層にも楽しめるような企画を練る必要が出てきます。

 

必ずしも幹事の人の年齢に合わせれば良い二次会に仕上がるというわけではないことを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

年齢層が高い場合は比較的落ち着いた会を意識した方がいいでしょう。

 

逆に年齢層が低い場合はみんなが交流を図りながら盛り上がれるような企画を多くするといいかも知れません。

 

さまざまな年齢層が混ざっている二次会の場合は両方の要素を取り入れなければなりませんが、どちらかと言うと年齢層が高めの方に合わせて少し落ち着いた雰囲気の会にした方が無難なのではないでしょうか。


幹事が例え若かったとしても年配の人も参加する二次会なのであれば、その年齢層の参加者に目を向けてプランを練ってみてください。

 

若い人と年配の人が盛り上がるポイントや企画は変わってきます。

 

幹事には出来ればどちらの年齢層の人も加えた方がいいのですが、そう上手くはいかないと思うので、どちらかの年齢層の人が企画するにしても、幅広く考えながらプランを練るようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加