結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

新郎・新婦にも内緒の企画を用意

スポンサーリンク

二次会では主役の存在を際立たせなければなりません。

 

幹事は新郎新婦に依頼をされて二次会を企画し作り上げることになると思いますが、新郎新婦にも内緒の企画をひとつふたつ用意しておくようにしてください。

 

幹事はプランが出来上がった時に新郎と新婦に確認を取るようにした方がいいでしょう。

 

しかし、そのプランにはもちろんサプライズを掲載しておかないようにしないといけません。

 

当日のその瞬間まで新郎と新婦には感づかれてはならないのです。


どんな企画を用意するかは新郎と新婦に近い幹事の人が考えましょう。

 

時には幹事以外の参加者に依頼をした方がいい場合もあるかも知れません。

 

お金をかけてもいいですしかけなくても企画次第によっては感動させることが出来るはずです。

スポンサーリンク

新郎と新婦は二次会の参加者が楽しめればそれでいいと考えるでしょうが、しかし主役は新郎新婦なわけですから、最後はこのふたりに全てを持って行ってもらいましょう。

 

気を付けなければならないのは「情報の漏洩」です。

 

幹事は少ない人数で行うことになると思いますが、その幹事の一人が他の人に喋ってしまうことで広まってしまい新郎新婦の耳に届いてしまうということもゼロではありません。

 

しっかりと幹事同士でも口止めをしておくようにしてください。

 

第三者に依頼をする時は特に注意をする必要が出てくるでしょう。

 

事前にバレてしまえば嬉しさ半減です。

 

それだけは絶対に避けなければなりません。


サプライズ企画は二次会の最後に取っておいた方がいいでしょう。

 

内容にもよりますが、二次会のクライマックスに持ってくるのが一番効果的なのではないでしょうか。

 

幹事は色々なことを考え抜いた上で最高のサプライズ企画を用意しておくようにしてください。

 

この企画ひとつで二次会が成功だったと言われることになるくらい、大事な部分になるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加