結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

新郎側・新婦側で協力して作り上げる

スポンサーリンク

新郎新婦が信頼出来る人に二次会の幹事を任せるのが一般的なのですが、時には新郎側の友人などのみに幹事を任せる場合があります。

 

逆に新婦側の友人などのみに任せることもあるでしょう。

 

しかし、出来るだけ新郎側、そして新婦側両方から幹事を出し、二次会を企画・開催するようにした方が良いものが出来上がるのではないでしょうか。


新郎側や新婦側、どちらかのみの幹事さんが企画をしてももちろん成功する場合もあります。

 

二次会というものに慣れているのであれば特に問題はないでしょう。

 

しかし、主役はどちらか一方だけではなく二人なわけですから、より良い会を開催する為には新郎側からも人を出し、そして新婦側からも人を出してお互いに意見を出し合いながら作り上げていく方がいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

二次会の参加者が多くなる場合は特にそのような形をとった方がいいはずです。

 

両方から幹事を出すことのメリットは、新郎の考え方や新婦の趣味など、色々な面をカバーしながら二次会を作り上げることが出来るという点です。

 

どちらの要望も取り入れることで、参加者全員が楽しむことが出来る会を作れるのではないでしょうか。


新郎側と新婦側、両方から幹事を出すとその人たちの都合がなかなか合わず企画が進行しないというデメリットも一方ではあります。

 

そんなことになり準備が遅れるということがないように、連絡は密に取ることが出来る人同士が協力をして作り上げるようにしましょう。

 

やる気があれば初めて顔を合わせるような人同士でも時間を作り、そして建設的な話が出来るはずです。

 

どちらか一方が主導権を握るというわけでもなく、どちらの意向も取り入れた上で参加者、そして主役である新郎新婦が楽しめるような会を作り上げられるように協力し合いましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加