結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

不慣れな場合はあまり凝った企画をしない

スポンサーリンク

結婚式の二次会の催し物は、幹事の経験が豊富な人でしか対応出来ない難しいものもあります。

 

書籍を見たりネットを検索したりすると結婚式の二次会に関する情報を多く入手することができ、幹事となった人はそれらを参考にプランを練ると思いますが、何度も幹事をした人だからこそ出来る企画やプランなどもあるので、初めて幹事を行う人は無理に凝った企画に手を出さない方がいいでしょう。


新郎新婦の為に良い二次会にしたいという思いがあるのはわかります。

 

幹事として選ばれたからには当然そうなるように努力をして欲しいのですが、幹事という仕事は一種のセンス、才能を持っていなければならない場合があるので、特に慣れていない人はそれを自覚し、二次会のハードルを自ら高く設定しない方が良い会になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

学園祭などの実行委員を何度も経験している人は二次会の幹事も上手くこなせるかも知れません。

 

学生時代の経験を生かして素晴らしい会を作り上げることも可能になるでしょう。

 

そういった人であれば多少凝った企画を練って挑戦してみることもいいのかも知れませんが、そういった事が苦手だと自覚している人や、そもそも経験がない人は上級者の真似をして凝った演出・企画を考えてしまうと本番でグダグダになってしまうことも非常に多くあります。


自分の力を過信しないようにし、特に少人数で仕上げる時には身の丈に合った企画を出すようにしてください。

 

例え凝った企画ではなかったとしても、それをしっかりと行うことが出来れば必ず素晴らしい二次会に仕上がるはずです。

 

慣れない幹事が凝ったことをするよりもずっと素晴らしい会になるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加