結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

少々なら自腹を切るつもりで

スポンサーリンク

お金があった上でどのような企画をすればいいのか、どのようなプランを練ればいいのかが決まってくるわけですが、結婚式の二次会の幹事を任された場合は、そういったお金の問題も考えつつ、しかし一方で二次会の中身を重要視することも考えなければなりません。

 

どういうことかと言うと、二次会を成功させたいのであれば、少々は幹事が自腹を切るつもりで企画をしなければならないことがある、ということです。


誰も自分のお金が惜しいでしょう。

 

しかし結婚式の二次会というのは新郎新婦にとってはとても大事なものですし、幹事を任されるくらいですから新郎と新婦の幸せを誰よりも願っているはずです。

 

そうなのであれば、会を最大限盛り上げる為には多少予算をオーバーしてしまったり、または敢えて安い会費で濃い内容の企画を練り赤字を出すということも考えられます。

スポンサーリンク

学生が幹事を行う場合は少し難しいかも知れませんが、もし社会人であるならば、楽しい二次会を作り上げる為に少々の自腹を切ることを考えてもいいのではないでしょうか。

 

それによって新郎と新婦、そして参加者が喜んでくれれば幹事としてはそれほど嬉しいことはないでしょう。

 

そのことを考えれば自然とそういった、『少々は負担をしてもいい』という方向へ向かうのではないでしょうか。


大幅な赤字を出してしまうと、たとえ幹事と言えども厳しくなってしまいます。

 

そしてそれが予期せぬ赤字であった場合は尚更頭を抱えてしまうでしょう。

 

ですから二次会の幹事は最初から『ある程度赤字になること』を覚悟しておくといいのかも知れません。

 

大盤振る舞いまでとはいかなくてもいいですが、幹事が何人もいる場合はみんな少しずつ負担をすれば、より良い二次会を作り上げることが出来るはずです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加