結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

中途半端な額の会費を設定しない

スポンサーリンク

会費の設定は、結婚式の二次会を行う上で非常に重要なポイントになります。

 

地域によっても違いがありますし、参加人数によってもいくらか上下するでしょう。

 

二次会を任された幹事は、とても細かい計算を行うことになると思うのですが、絶対に赤字も黒字も出さないという思いから、あまりにも神経質になってしまうのも考えものです。


このような細かい性格の幹事の場合、二次会の会費がとても細かい額に設定されかねません。

 

場合によっては十円単位まで出してしまう人もいるのではないでしょうか。

 

ただこういった細かい設定はおつりの用意をしておかなければならなくなりますし、そもそも二次会の参加者にとってとても面倒だと思われてしまうので、もしも幹事になったらスッキリとした会費の設定を心がけるようにしましょう。

スポンサーリンク

幹事が何人もいる場合は問題ないでしょうが、1人や2人程度で全てを決めてしまう場合は特に気を付けてください。

 

百円単位での設定も出来るだけ避けて欲しいところです。

 

計算をしていくとどうしても1人あたり【3,500円】ですとか【4,500円】ですとか、このあたりで綺麗に割り切れてしまう場合があります。

 

一見キリが良さそうな額ではありますが、二次会の会費というのは【4,000円】ですとか【5,000円】ですとか、ここまでスッキリさせた方が参加者のことを思った時にはいいのではないでしょうか。


端数を切り上げるのか、それとも切り捨てるのかは幹事同士で話し合って決めてもいいですし、敢えて切り上げて多く貰った分でゲームの景品を増やしたり豪華にしたりということも考えられるでしょう。

 

幹事は参加者の手を出来るだけ患わせないことも考えた上で会費の設定をするようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加