結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

全員が参加出来るゲーム企画を用意しておく

スポンサーリンク

ゲームと言っても色々とありますが、結婚式の二次会にはどんなものであれ、このゲームの存在が欠かせません。

 

参加者同士が仲良くなることにも寄与しますし、会場全体がひとつにまとまり楽しむことが出来る瞬間がこのゲームという存在なのです。

 

さらに参加費の元を取ると言ったら変ですが、参加者が心から楽しめる企画のひとつになることも否めないので、幹事はここに手を抜かないようにしましょう。


ゲームの定番はビンゴです。

 

ビンゴは非常に便利で結婚式の二次会以外にも使うことができます。

 

もちろん二次会にも非常に適したゲームであり、老若男女問わず楽しむことが出来るので、外すことは出来ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ビンゴと一言で言ってもその種類はさまざま。

 

最もオーソドックスなものはあらかじめ数字が書かれたビンゴカードを配り、マシンで出た数字を開けていくというものですが、例えば升目だけが書かれた紙を参加者に配り、そこにあるテーマに沿って自由に言葉なり数字なりを記入してもらうというビンゴもあります。

 

他にもゲームはありますが、幹事は誰でも簡単に出来る難しくないルールのものを選択・用意するようにしてください。

 

全員が楽しめなければ意味がありません。

 

幹事は自分のエゴや知識だけではなく、全ての人のことを考えた上でゲームを取り入れるようにしましょう。


二次会の幹事はゲームに頼ってしまう傾向もありますが、この考え方も少々危険です。

 

ゲームはあくまでも余興のひとつです。

 

そこに全ての力を注いだり頼り切ってしまうと、意外と盛り上がらない二次会になってしまうので注意が必要です。

 

ゲームの時間を長く取ることも避け、場の雰囲気を変える為に、そして一瞬盛り上がればいいという意識で企画すると良い催し物となり、二次会も上手くまとまるでしょう。

 

幹事の株も上がります。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加