結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

結婚式2次会前の準備記事一覧

誰でも一度は友人の結婚式二次会の幹事をお願いされることがあります。経験したことがある人は分かると思いますが、結婚式二次会の幹事はとても大変です。けれども、結婚式二次会の幹事を頼まれるということは、新郎新婦にとても信頼されている人ということですから、よほどの理由がない限り断ったりせずに一肌脱いて、快く引き受けてあげてください。披露宴の余興やスピーチ、結婚式二次会の幹事を頼まれた場合、快く引き受けるこ...

結婚式の二次会の準備を会社の同僚や友人に依頼されると、喜んでやりますと即答して引き受けてしまう人が多いのではないでしょうか。いつもお世話になっている同僚や友人の為に、二次会の幹事を任されたからには結婚式の二次会をスムーズに、そして思い出深いものにしてあげたいものです。それには、どんな準備が必要なのでしょうか。最初に二次会に来て頂くメンバーを大まかに把握しておきます。その人数によって、使用する場所の...

結婚式の二次会は、披露宴に出席した友人の他に、人数の関係で残念ながら出席できなかった友人を招いて行うものです。主催者は新郎・新婦ですが、ふたりとも結婚式、及び披露宴の主役であり、多忙を極めています。したがって、二次会の幹事は友人の中から選び、お願いすることになります。幹事の役割は非常に多いので、親しい友人に依頼することが大事です。どのような趣向の二次会にするのかを、早めに幹事と打ち合わせることが重...

時と場合によりますが、【会】の類いは人が多ければ多いほど盛り上がるはずです。特におめでたい席では人数を多く集めることで予想もしないような盛り上がり方をすることもあるでしょう。結婚式の二次会にも同じことが言えます。幹事になったら二次会の参加者の人数をしっかりと集める努力をしましょう。新郎新婦から二次会への招待客について色々と言われるとは思います。しかし、幹事はただその人たちに声をかければいいというわ...

結婚式の二次会の幹事を任された人は、会のプランを練らなければなりません。頭に色々な案が思い浮かんでいる幹事さんもいるでしょう。しかし、それがどんなに良い企画であったとしても、それをそのまま二次会の企画として実行出来るわけではないのです。二次会というのは参加してくれる人数によってプランを練らなければなりません。少数の参加者しかいないのに大人数で行うような企画を練っても場が白けてしまいますし、逆の場合...

結婚式二次会会場選びは、新郎新婦と幹事の意向が重要ですが、新郎新婦のこだわりだけでなく、ゲストにとっての便利さも考慮して選ぶことが必要です。それでは、ゲストにとってうれしい会場はどんなところでしょうか。ゲストにとってうれしい結婚式二次会会場は、第一に交通の便がよいことです。結婚式二次会はお酒が供される場所ですから、車で行くわけにはいきません。会場がどんなにムードが良いところでも、近くに公共交通機関...

新郎新婦が信頼出来る人に二次会の幹事を任せるのが一般的なのですが、時には新郎側の友人などのみに幹事を任せる場合があります。逆に新婦側の友人などのみに任せることもあるでしょう。しかし、出来るだけ新郎側、そして新婦側両方から幹事を出し、二次会を企画・開催するようにした方が良いものが出来上がるのではないでしょうか。新郎側や新婦側、どちらかのみの幹事さんが企画をしてももちろん成功する場合もあります。二次会...

お店側とどんな交渉を行うかで結婚式の二次会の進み方が変わってきます。幹事の腕の見せ所でもあり、二次会を任された幹事が必ず行っておかなければならないことでもあるでしょう。会場となるお店は基本的には料理とお酒などの飲み物の提供をしてくれるのみとなります。しかし、幹事側が店側とどのような交渉を行うのかによって二次会の雰囲気も変わってくるのです。良好な関係が築けていれば、多少ハメを外す参加者がいても大目に...

世の中には色々な年齢層の人が存在しています。当たり前のことなのですが、結婚式の二次会をする時にはあらゆる年齢層の人が参加する場合もあれば、ある一定の層の人しか参加しないという場合もあるでしょう。二次会の幹事を任された人はこの参加者の年齢も考慮した上でプランを練ることが求められるのです。年齢層がどこかに固まっていれば幹事も必然的にその年齢層に収まるでしょうから、特に気にする必要はないのかも知れません...

最近では、結婚式の二次会用にわざわざ特設サイトを開設することもあるようです。ウェブに詳しい人がいる場合は幹事に抜擢し二次会用のサイトを作ってもらってみてはどうでしょうか。二次会用のサイトは、システムによっては非常に便利です。会場がどこにあるのかをサイト上に載せておけば、参加者はいつでも確認することができますから、住所などを知らされているのみの場合よりも道に迷ったりすることが減るのではないでしょうか...