結婚式の2次会の幹事を頼まれたら

結婚式二次会の幹事を上手にこなすには

スポンサーリンク

「結婚式2次会幹事を成功させる秘訣」をご覧頂きありがとうございます。

 

結婚式の二次会の幹事を頼まれたら、困りますよね?

 

でも、せっかく友人が頼って、幹事を頼んでくれいてるのですから、無碍にはできません。

 

友人のためにと思ってたまれたら、喜んで引き受けたいものです。

 

しかし、結婚式二次会の幹事といっても何をしたらいいかわからないという人が多いのではないでしょう?

 

結婚式の2次会幹事を引き受けたら、何をするかは、新郎新婦がどこまでやってくれるかによって変わってきます。


店の予約を済ませてから、あるいは、招待客への連絡を済ませてから、新郎新婦から幹事を言い渡されることもあるでしょう?

 

そうでない場合は、店の選び方招待客を集める方法などといった個別記事をご覧ください。

 

それらがすでに整っているのであれば、あとは二次会でのイベントの内容の企画の内容というのが大きなウェイトをしめる二次会の準備になってきます。

 

このイベントは招待された皆は楽しみにしています。

 

ありがちなのが、ビンゴやクイズですが、ありきたりなものにするよりも趣向を凝らしたものにするとよいでしょう。

 

しかし、方向性を間違えると帰って盛り下がります。

 

盛り上げるために無難なのは、景品を豪華にすることです。

スポンサーリンク

しかし、景品を豪華にしようと思えば経費もかかるわけで、新郎新婦から渡された資金、会費から集めるお金などを考慮して、きちんと予算管理をし、その中でうまくやりくりをしなければなりません。

 

あと、司会の人選というのも大切ですね。

 

司会者の腕によって、結婚式二次会が楽しく盛り上がるかどうかがおおきくかわってくるのです。

 

そして、最も大切なのが、新郎新婦としっかり打ち合わせをしておくことです。


新郎新婦へサプライズしたいという気持ちもあると思いますが、新郎新婦へ前もってきちんと相談しておくことによって、事前にトラブルを回避できる場合も多いです。

 

サプライズして、新郎新婦を驚かせる部分と、事前にしっかり打ち合わせしておく部分を分けて考えておくとよいでしょう。

 

そして、忘れてはならないのは、「あくまで結婚式二次会の主役は新郎新婦である」ということです。

 

間違っても、幹事である自分が主役であるかのような錯覚に陥らないように注意してください。


そのほかにも本サイトでは、結婚式二次会幹事の注意点や成功させるための注意点、幹事の心がまえなどなど、二次会幹事を頼まれた方にとって、役に立つ内容を盛り込んでいます。

 

是非、参考にしてください。

 

また、本サイトの姉妹サイトでは、結婚式に呼ばれた方向けの注意点や片思いを成就させる方法、お見合いの仕方、上手な婚活の仕方、遠距離恋愛の秘訣などなど、恋愛関係のトピックも扱っています。

 

もしよろしければ、それらもご覧ください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加